東京でExcel・Accessの新入社員研修なら

Access研修 講師出張型

データベースを操るAccess研修

大量なデータの集計、分析が可能なAccessを業務で活用するための研修です。

講師が御社に出張いたします。会場が必要な場合は、会議室やレンタルPCのお手配も承ります。

Excelとの違いは、構築する側と利用する側で使う機能や見る画面が違うところです。人が作ったシステムを利用したことはある程度でしたらぜひ初級からご受講ください。
使うのと作るのとでは大違いです。

難しいプログラムを使用せず、機能を使って共有・引き継ぎしやすいシステム構築を目指します。必要に応じてSQLやVBAを盛り込むこともできます。

Accessで学んだデータベース知識は、他のデータベースソフトにもつながります。社内専用のデータベースソフトを学ぶ前にAccess研修を実施するのもおすすめです。

応用研修は、どのようにテーブルを分けて連携するかという設計についてしっかり学べます。また、マクロも使用し誰もが使いやすいシステム構築ができるまで到達します。

研修時間と内容は、スキル・業務内容に応じてボリューム調整可能です。

Excelとの違い

Excelの表に数式を使用する際、データの行数分だけ数式をコピーすることが必要です。
Accessの場合は、フィールド(列)名を使用して数式を1つ設定するだけで全レコード(行)分の計算結果が仮想的に表示されます。計算結果は保存されません。つまり、計算結果は実在しないのでファイルが重くならないのです。Accessで大切なのは「あたかも」という概念です。大量なデータを早く・軽く扱えるのが特徴です。

また、基礎研修からリレーションシップについて学べます。テーブルを分けるメリットを基礎のうちからしっかりと把握することで、効率の良い設計に繋がります。

Access初級

Accessでできること、テーブル、クエリ、フォーム、レポートの概要

テーブル作成、リレーションシップ、クエリ(さまざまな抽出条件)、フォーム・レポート作成

Access応用

テーブルの設計、多数のテーブルのリレーションシップ、参照整合性、集計クエリ、アクションクエリ、ユニオンクエリ、メインサブフォーム、フォーム検索、集計レポート、マクロ

ご要望に応じて

テーブル+クエリのみ、フォーム検索+マクロのみなど、機能に特化した研修もできます。

☆カムアップの研修は1名様から大人数までご対応可能です。

Accessの研修用テキスト例

Accessのテキスト例

 

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-99-2105 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 株式会社カムアップ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.