今年もたくさんの企業様に伺い楽しく研修を進めることができました。

関数の入力に際し、たとえPC初級者でも直接入力を促しています。
そうしないとネスト(入れ子)した式を組み立てたり、読んだりする力がつかないからです。
難しく感じるかもしれませんが、このほうが後々必ず役に立ちます。

また、シートをまたいだ数式の入力では、他シートのデータを選択後、 丁寧な人ほど元のシートに戻りたくなります。そして数式が崩れてエラーになります。

皆さんが困っているところで「他のシートに行ったら行きっぱなし」と
案内したところ「先に言ってよ」という声が聞こえました。
間違ってヒヤッとしないと身につかないのでここは敢えて先に案内しません。嫌われてもいいのです。

これに限らず何でも先に言ってあげる研修は親切に感じるけれど、明日は忘れてしまうことがほとんどです。

とはいえ、お昼休憩後、午前学んだ関数について質問を投げかけてみるとパッと答えられる人は少ないです。明日どころか数時間でも忘れてしまうこともあります。

どうしたら浸透するのか、、日々工夫を凝らしていきたいと思います。

カムアップの新人研修は、後日やっていただく演習問題をお付けしています。数日経ってから問題を解くことでご自身の理解度を確かめることができます。

また、PowerPoint研修も行う場合は、Excel研修で学んだ機能・関数を解説する資料を作っていただきます。人に説明をするのが一番ですね。