新入社員研修ではPowerPointとExcelを2日に分けて行う企業様が多いように思います。

行う順番は1日目にExcelを行うのが最適です。翌日のPowerPoint研修で、Excelで学んだ関数を解説する資料を作成していただくと良い振り返りになります。

Excel研修では様々な関数を実習します。IF関数が人気と思いきや、意外なことにCOUNT関数とCOUNTA関数について解説資料を作成される方が多いです。

COUNTは数値が入力されたセルの個数しか数えられない、COUNTAは文字列もカウントの対象になる。この違いを使用前・使用後のようなイメージで構成されています。

他には、機能に特化せずEXCEL全般をベースにした作品も時折出てきます。
先週は、EXCELというヒーローが悪と戦っているスライドを作成した方がいらっしゃいました。とても面白かったです。

皆さんとてもセンスが良くて毎回感心します。

研修に限らず、何かの試験を受験される方や新しい仕事を覚えなくてはならない方にはとても良い勉強法かもしれませんね。

私も今後様々な資格を取得していきたいと思っていますので、PowerPointで解説資料を作成しながら勉強してみようと思います。