月に数日、とあるコールセンターで修行をしております。

ExcelやAccessの実務経験は講師経験と並行して積み上げてきました。
マナー研修については、某派遣会社で登録スタッフ向け研修を数年担当させていただた経験がありますが、パソコンに比べると苦手分野があり完璧とは言えません。

その苦手分野とは、電話応対です。スラスラと言葉も出てきてプロっぽく聞こえるのですが、実のところは相手の顔が見えないことで不安になることが多いです。

電話応対についての基本のルールを皆さんにお伝えしてはいるものの、いまいち自信がなかった部分です。そこで、専門業者で実際に勤務して力をつけたいと思いました。

どのようにすれば顔が見えない相手と心が通うやりとりができるのか、日々考えています。この業務に就いて、技術とメンタルは切り離せないものだと痛感しました。

マナーとは気持ちを形にするものです。が、気持ちが思わぬ形で伝わってしまうこともあります。その形がビジネス的には不正解ということがあるので気をつけたいところです。

語尾を伸ばすとお年寄りには優しく聞こえるような気がしますが、ビジネスという観点では好ましくありません。中には馬鹿にされたような気になってしまう方もいらっしゃるのも事実です。

しばらく修行を続けながら失敗談やうまくいく秘訣などをお伝えして皆さんのお役に立てれば幸いです。