最近のExcel研修はより難しい機能、関数が求められてきています。

ただ、ちょっとした機能を知らないために非効率な使い方をしている場合もあります。
細かい機能こそ時間短縮には大切です。

例えば「印刷機能」。
複数枚に分かれる場合、毎ページに表の見出しを印刷したい場合はどうしていますか?

見出しをコピーして2ページとなる行の上を空けてそこに貼り付ける、なんてことはしていませんか?
これはちょっと非効率ですね。
ひと昔前は、印刷した1ページの見出しの部分をハサミで切って、
2ページ以降の表の上にセロテープで貼ってコピー機にかけている企業様も実際ありました。

そんな時に役に立つのが「印刷タイトル機能」です。

[ページ設定]ダイアログの[シート]タブにあるタイトル行に、毎ページに印刷したい行番号を設定します。
タイトル行のボックスにカーソルがある状態で、シートの行番号をドラッグすれば設定されます。
1行目から3行目の場合は「$1:$3」となります。
これでセロテープは不要となりますね。ちょっと簡単すぎる内容でしたでしょうか。

次回は今年の新人研修で出会った新人さんのお話をアップする予定です。