以前のブログでも紹介しましたが、ExcelとPowerPoint両方の研修をさせていただく場合、Excelで学んだことをPowerPointを使って説明資料を作成し発表していただいています。
特に新人研修ではこれがとても良い復習になり、賑やかな雰囲気で楽しい締めくくりができます。

新人研修が続くこの時期、これが私の一番の楽しみでもあります。
皆さんの発想、センスにはとても感心します。

ショートカットキーについて忍者の技として解説されていたり、IF関数を裁判に例えていたり、とても思いつかない資料を作ってくださり、今年も楽しませていただいております。

10年ほど前、MOT2007の資格を取得するために受講した講座で、与えられたデータを基にプレゼン資料を作成する課題が提出されました。

私が作成した資料を見て先生がびっくりしていました。あまりにも字が多くて、、、。

その後、うさうさ占いというものを知りました。
右脳と左脳のどちらをよく使っているかの占いです。

両手を握り合わせてどちらの親指が下にくるかで、情報をインプットするのが右脳か左脳かが分かります。
そして、腕を組んでどちらの腕が右か左かで情報をアウトプットする時の脳が分かります。
いずれも右が下の場合は右脳、左が下の場合は左脳だそうです。

私はいずれも左が下にくるほうがしっくりきます。というかそれしか考えられないです。
まさに「ささ女」です。
インプットはともかく、アウトプットが左脳なので図解が上手ではないのかなと解釈しました。
それ以降、研修で使用する解説資料などは意識して図解やイラストを使用するように気をつけています。

さう男やうう女など、それぞれがどんな性格かはこちらのサイトに載っています。
うさうさ
案外当たっていますよ。

という、このブログも文字だらけですね。
次回は画面ショットを使用して便利機能をご紹介いたします。