どの企業様でもExcel研修といえばVLOOKUP関数は必須項目としてご要望をいただきます。ですが、実際の現場ではこの関数では解決しないこともあります。VLOOKUP関数は、用意してある表の左端を垂直に検索していく関数ですが、マッチングするコードが左端にない場合はどうしたらいいでしょうか。

表の並びを入れ替えるのも手ですが、社内共有のシートでは表のレイアウトを変更できない場合もあります。そんな時に使えるのがLOOKUP関数です。

左端にこだわらない関数で、検索列と対応列、2つの範囲を照らし合わせるイメージです。

範囲を選択する際に照らし合わせる2つの範囲の頭を揃えるのがポイントです。

段違いにならないよう範囲を取ると正しい結果を出すことができます。

上の例題は式を見やすくするため絶対参照にしていませんが、実際は検査範囲、対応範囲とも固定をする必要があります。