本日受講者様からいただいたご質問です。

VLOOKUP関数のコーナーが終わって手が挙がりました。
対応表の製品名を空欄にしてみると、数式を入れているセルには0と表示されます。
これを防ぐにはどうしたら良いか、とのことでした。
製品IDは実在するが製品名は未定とか、何かの理由でIDは残しておきたい。
でも、エラーとか「0」が表示されるのは困る、ということでした。

こんな時、ついIF関数に頼りたくなりますが、こんな方法もあります。
数式の最後に「&””」と入力するだけです。

ID(検索値)が空白の場合はIF関数やIFERROR関数を使用してエラーを回避しますが、対応データが空白の場合は、このように空白記号(“”)を数式に連結することで「0」ではなく空白にしておくことができます。

他のシーンでも使えそうな技ですね。